mail
メール
こちらから

企業の未来を
共に創造する

メッセージ

Message

アシスト・ジャパン協同組合のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

技能実習生は若く真面目で向上心があるため、若年層の定着率が低い今、技能習得に熱心な技能実習生を継続的に受入れることで、高齢化していく職場に於いても生産性向上や職場の活性化につながります。

また、技能実習生を受入れることは、技能実習生の母国の産業界発展に貢献すると同時に、社内の国際交流により国際理解を深める良い機会にもなります。

実習生の受け入れ企業様や実習生自身が持つ心配や不安を、早急に駆けつけ対応ができ、電話や、メールではなく直接的にアプローチできることは、必ずお役に立てることと考えています。

ぜひ、同制度のご活用をご検討ください。

代表理事

岡崎 晋典

組合概要

Company

名称
アシスト・ジャパン協同組合
設立
2019年7月24日
所在地
〒706-0001
岡山県玉野市田井3丁目5681番地12
電話
0863-33-1928
FAX
0863-33-1926
代表理事
岡崎 晋典
E-mail
info@assist-japan.biz
所属団体
岡山県中小企業団体中央会
許可種別
特定監理事業
アライアンスパートナー
【送り出し機関】
EK栄進アライアンス (所在地:ハノイ)
ミンタングループ (所在地:ハノイ)
他数社
※受け入れ企業様のご希望に対応いたします。

【一般社団法人】
提携協会
(一社)留学生支援・雇用促進協会(ASIS)

事業内容

Service

共同購買事業

宣伝支援事業

外国人技能実習生共同受入事業

経営及び技術の改善向上又は、知識の普及を図るための教育及び情報の提供事業

福利厚生に関する事業

その他事業内容

  • ・ 留学生人材紹介
  • ・ エンジニア紹介
  • ・留学生アルバイト紹介

詳細は事業案内パンフレットをダウンロードしてください。

ダウンロードする

外国人技能実習生受入制度とは

Foreign Trainee System

外国人技能実習制度は、日本の企業において発展途上国の若者を技能実習生として受け入れ、実際の実務を通じて実践的な技術や技能・知識を学び、帰国後母国の経済発展に役立ててもらうことを目的とした公的制度です。

外国人技能実習制度は、日本の企業において発展途上国の若者を技能実習生として受け入れ、実際の実務を通じて実践的な技術や技能・知識を学び、帰国後母国の経済発展に役立ててもらうことを目的とした公的制度です。

一般的に受入れ可能職種に該当する企業様は、当組合のような監理団体を通じて技能実習生を受け入れることができます。

入国した実習生は、実習実施機関(受入れ企業様)と雇用関係を結び、実践的な能力を高めるために3年間の技能実習に入ります。

一般的に受入れ可能職種に該当する企業様は、当組合のような監理団体を通じて技能実習生を受け入れることができます。

原則として3年間の在留が認められ、最初の1年間の資格を「技能実習1号」、あとの2年間の資格を「技能実習2号」と区分します。

原則として3年間の在留が認められ、最初の1年間の資格を「技能実習1号」、あとの2年間の資格を「技能実習2号」と区分します。

制度利用の流れ

Flow

受入企業様

STEP 01

受入のご相談・組合加入

STEP 02

書類選考・現地面接・採用

STEP 03

必要書類、寮のご準備など

STEP 04

実習スタート

アシスト・ジャパン

STEP 01

実習候補生確保・説明相談

STEP 02

実習生募集・面接同行

STEP 03

書類準備、各種講習の実施

STEP 04

実習スタート後のフォロー

受入人数

Number of People

受入企業の常勤職員数 1年間で受入れ可能な技能実習生の人数
301人以上 常勤職員の20分の1
201人以上300人以下 15人以内
101人以上200人以下 10人以内
51人以上100人以下 6人以内
50人以下 3人以内

よくあるご質問

Q&A

  • Q

  • 受入時の注意点は?
  • A

  • 文化の違いによる勘違いなどからくる相互不信があります。日本語が出来る実習生も聞き違いや思い違いにより言った事をやらない。(言われていないのでやらない)ことも。しっかりコミュニケーションをはかってください。
  • Q

  • 実習生の住まいはこちらで準備するの?
  • A

  • はい。受け入れ企業様には生活に必要な居住場所をご用意いただきます。実習生は日本に入国し貴社の寮に入った時点では洗濯機や冷蔵庫といった生活に必要な設備を用意できませんので、そのような設備の整った寮などを企業様にてご用意いただきます。
  • Q

  • 賃金はどう決めるの?
  • A

  • 実習生は労働関係法令上の「労働者」となります。最低賃金の適用対象となりますのでご注意下さい。
  • Q

  • どんなことが不正行為になりますか?
  • A

  • 実習生は入管法上での在留資格は”技能実習生”となります。しかしそれだけではなく労働基準法に照らし合わせ”労働者”として扱われます。入管法や労働基準法に違反した行為(資格外実習の実施や最低賃金割れ、社会保険の未加入等)は全て不正行為となります。不正行為と認定された場合は、実習生の即時帰国や今後受け入れ停止等、厳しい措置がとられますのでご注意下さい。

お問い合わせ

Contact

事業案内ダウンロード

TOP